運営者について

中小企業診断士  山元岳司、中小企業診断士  湯川俊彦、中小企業診断士  賀長哲也
写真左より:
中小企業診断士 山元岳司、中小企業診断士 湯川俊彦、中小企業診断士 賀長哲也

採択された補助金支援実績は数知れず

 このサイトは、認定経営革新等支援機関(認定支援機関)である中小企業診断士が運営しています。

 もともと国や京都府内で使える補助金ってどんなのがあるの?と経営者の皆様からのご相談が多かったこともあり、その質問に答えることが出来るよう補助金の情報を集めて、我々の中で共有し始めたことがこのサイトのきっかけです。
この情報提供がきっかけで、多くの補助金の計画策定のご支援を行ってきました。
持続化補助金やものづくり補助金など、これまでご支援して採択された補助金支援の実績は数え切れません。

補助金採択だけに終わらず、
その後を見据えた展開、ビジョンを支援

 また、我々の支援の特徴は、補助金の採択支援だけに終わらず、その後を見据えた展開、ビジョンを支援の中で経営者と一緒に考える中で、専門家として、適切な助言が出来るということです。

 例えば、補助金で採択され購入した設備も結局は使われず眠ってしまっているということも少なくはありません。そういったことをなくし、実質的な成果を上げるためには、補助金を採択するためだけの計画ではなく、経営にとって良い計画が必要なのです。

良い経営には、良い計画が必要

 良い経営には、良い計画が必要です。
頭ではなんとなく考えているやりたいことも、それを「書き出すこと」で、一貫性と具体性が明確になり、行動に迷いがなくなり、経営を加速させる台本となります。
ご自身で計画を立ててみたい!と感じておられる方に対し、経営計画策定セミナーを行っています。また、一定の条件を満たせば、補助金を使って経営計画を策定することもできます。

 ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

認定支援機関とは

 経営革新等支援機関(認定支援機関)は、中小企業・小規模事業者が安心して経営相談等が受けられるために、専門知識や、実務経験が一定レベル以上の者に対し、国が認定する公的な支援機関です。
具体的には、商工会や商工会議所など中小企業支援者のほか、金融機関、税理士、公認会計士、弁護士等が主な認定支援機関として認定されています。