補助金ニュース

今年の「もの補助」が間もなくスタートします!

経済産業省(中小企業庁)の発表によれば、あくまで予定としながらも3月頃には「一般型・公募開始」とあります。さらに、注目すべきことは、「通年で公募し、複数の締め切りを設けて審査・採択」とあります。ということは、例年のように、1次公募、2次公募だけでなく、3次、4次と続くかもしれません。うわさでは3ヶ月に1回のペースで公募される?という声も。※これはあくまで予想ですのでご注意ください。 ご案内チラシのダウンロードはコチラ(中小企業庁ホームページ)↓https://www.chusho.meti.go…続きを読む

令和2年度の商店街活性化・観光消費創出事業の公募が開始されました!

令和2年度「商店街活性化・観光消費創出事業」は、地域外や日常の需要以外から新たな需要を効果的に取り込み、消費の喚起につながる商店街等の取組を支援する事業です。具体的には、商店街を活性化させ、魅力を創出するため、近年大きな伸びを示しているインバウンドや観光等といった、地域外や日常の需要以外から新たな需要を効果的に取り込む商店街等の取組を支援することにより、地域と連携して魅力的な商業・サービス業の環境整備等を行い、消費の喚起につなげることを目的としています。 詳しくはコチラ(近畿経済産業局ホームペー…続きを読む

事業継続力強化計画を策定しよう!

中小企業者が単独で行う「事業継続力強化計画」という認定制度がスタートしています。これは中小企業が策定した防災・減災の事前対策に関する計画を経済産業大臣が認定する制度で、認定を受けた中小企業は、税制優遇や金融支援、補助金の加点などの支援策が受けられるというものです。 詳しくはコチラ(近畿経済産業局のホームページ)↓https://www.kansai.meti.go.jp/2chuusyou/saigai/jigyokeizoku.html 京都経営改善支援パートナーでは、すでに4社の事業継続力強…続きを読む

4月から原則屋内禁煙に!「受動喫煙防止対策助成金」

今年の4月から、飲食店やオフィス等の多くの人が利用する全施設が原則屋内禁煙になり、事業者の分類に沿った喫煙室を設置する等の対策が必要になってきます。「受動喫煙防止対策助成金」は、中小企業主が受動喫煙防止のために喫煙室等の施設設備を整備する経費の半額(上限100万円)をサポートするというものです。まだ対策を取られていない飲食店等の事業者さまには、要検討ですね。 詳しくはコチラ(政府広報オンライン)↓https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201907…続きを読む

「令和2年度伝統的工芸品産業支援補助金」公募開始!

本補助金制度は、「伝統的工芸品産業の振興に関する法律(伝産法)」の規定に基づき経済産業大臣が指定した工芸品の組合、団体及び事業者等が実施する事業の一部を国が補助することにより、伝統的工芸品産業の振興を図ることを目的としています。各産地における伝統的工芸品の原材料確保対策事業、若手後継者の創出育成事業のほか、観光業など異分野や他産地との連携事業、国内外の大消費地等での需要開拓などに対して支援を行うものです。

1 2 3 4 5