京都の中小企業診断士がお届けする 経営お役立ち情報

―経営計画を作成してみよう!(まとめ:作成の留意点と進め方)―

 ここまで、経営計画作成の流れについてお伝えしてきました。しかし、経営計画は作成して終わりではありません。ここから実際に計画に従って行動していくことが最も重要です。そのため、いくつかの留意点や進め方があります。  一つ目は、「計画策定は目的ではない」と理解しておくことです。苦労して計画を策定すると、達成感が生まれ満足してしまう恐れがあります。計画を策定するのは、それを実行して経営を良くするための最初のステップです。ここからがスタートになります。  二つ目は、「目標などはワクワクを重視する」ことで…続きを読む

―経営計画を作成してみよう!(ステップ5:行動の結果の数値計画を立てる)―

経営計画とは経営の「目標」を決め、「行き方」を明確にするものです。 経営計画を作成することで、経営全体の中長期の視点での俯瞰や、「やるべきこと」「やるべきでないこと」の明確化ができ、日々の経営判断をぶれることなく迅速に行う羅針盤とすることが出来ます。 作成のステップは以下の5つです。 ステップ1:将来の顧客を考える ステップ2:3年後の姿を決める ステップ3:3年後の姿と現状のギャップを把握する ステップ4:ギャップを埋める行動を決める ステップ5:行動の結果の数値計画を立てる   今回は、「ス…続きを読む

―経営計画を作成してみよう!(ステップ4:ギャップを埋める行動を決める)―

経営計画とは経営の「目標」を決め、「行き方」を明確にするものです。 経営計画を作成することで、経営全体の中長期の視点での俯瞰や、「やるべきこと」「やるべきでないこと」の明確化ができ、日々の経営判断をぶれることなく迅速に行う羅針盤とすることが出来ます。 作成のステップは以下の5つです。 ステップ1:将来の顧客を考える ステップ2:3年後の姿を決める ステップ3:3年後の姿と現状のギャップを把握する ステップ4:ギャップを埋める行動を決める ステップ5:行動の結果の数値計画を立てる   今回は、「ス…続きを読む

―経営計画を作成してみよう!(ステップ3:3年後の姿と現状のギャップを把握する)―

経営計画とは経営の「目標」を決め、「行き方」を明確にするものです。 経営計画を作成することで、経営全体の中長期の視点での俯瞰や、「やるべきこと」「やるべきでないこと」の明確化ができ、日々の経営判断をぶれることなく迅速に行う羅針盤とすることが出来ます。 作成のステップは以下の5つです。 ステップ1:将来の顧客を考える ステップ2:3年後の姿を決める ステップ3:3年後の姿と現状のギャップを把握する ステップ4:ギャップを埋める行動を決める ステップ5:行動の結果の数値計画を立てる   今回は、「ス…続きを読む

-経営計画を作成してみよう!(ステップ2:3年後の姿を決める)―

経営計画とは経営の「目標」を決め、「行き方」を明確にするものです。 経営計画を作成することで、経営全体の中長期の視点での俯瞰や、「やるべきこと」「やるべきでないこと」の明確化ができ、日々の経営判断をぶれることなく迅速に行う羅針盤とすることが出来ます。 作成のステップは以下の5つです。 ステップ1:将来の顧客を考える ステップ2:3年後の姿を決める ステップ3:3年後の姿と現状のギャップを把握する ステップ4:ギャップを埋める行動を決める ステップ5:行動の結果の数値計画を立てる   今回は、「ス…続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 19