経営のヒント

―業務プロセス改善の効果(その2)―

業務プロセス改善によって商品やサービスの質が向上する。

業務プロセスの改善は、効率化を図ることで自社の利益を向上させるだけでなく、商品やサービスの質を向上させ、顧客にとっての価値を高める効果があります。

例えば、仕入や生産の工程を改善して短縮することで、顧客への提供時間の短縮や品切れの防止などが図れます。また、品質管理や出荷・配送の工程を改善してミスなどを減少させることで、良い品質の商品を確実に届けることができます。

 「業務プロセス改善」というと、製造業のイメージがある方もおられるかもしれませんが、これらは飲食業やサービス業、建設業など他の業種にも当てはまります。提供する商品やサービスの提供時間を短縮し品質のばらつきをなくせば、これまでよりも質の高い商品やサービスの提供が可能になります。

 このように、業務プロセスの改善という自社内での取り組みによって、顧客に喜ばれる商品やサービスの質を向上させる効果があります。

記事一覧

その他の「経営のヒント」

もっと見る