経営のヒント

―経営者のお仕事(まとめ)―

これまで、経営者の仕事は「方向性を決定し明示すること(その1)」「「重要な意思決定をすること(その2)」「意思決定したことを実行できる体制を整えること(その3)」であるとお伝えしてきました。

 これらのことは、経営者自身が考えて決定でき、決めたことを伝えることもできます。しかし、実際に企業として機能させるためには従業員や社外の協力者などに伝わり、行動してもらう必要があります。つまり、従業員や関係者の方々に納得してやってみようと意欲をもってもらう必要があるということです。

 

そのためには、しっかりと伝わる必要があります。伝えたつもりでも伝わっていなかった経験をお持ちの方もおられると思いますが、「伝える」と「伝わる」は全く違うものです。

「伝わる」ためには、論理的に感情をこめて伝えるというテクニック的なことも重要ですが、伝える人の言葉や行動なども重要です。

 

同じことを言われても受け入れられる人と受け入れられない人がいるという方も多いのではないでしょうか。自分がその受け入れられる人にならなければ、どんなに一所懸命に伝えても「伝わる」ことは難しいです。

例えば、言っていることが日によって違う、相手のことを理解しようとしない、自分の事しか考えていない人は、おそらく何を言っても伝わらないと思います。すなわち、「伝わる」ためには、どんなことをいうかも重要ですが、その前提として人としての信頼が必要になると思います。

 

経営者の仕事として3つのことをお伝えしてきましたが、それらを「伝わる」ようにするためには、発信する経営者自身が信頼される言動を常に意識しておきたいところです。

記事一覧

その他の「経営のヒント」

もっと見る