経営のヒント

―経営計画を作成してみよう!(はじめに:経営計画って何?)―

 「新しい取り組みを始めたけど、思ったようにうまくいかない」

という経験は、ありませんか?

もしかすると、皆さんのビジネスの方向性と新しい取り組みが、かみ合っていないのかもしれません。

 

他の企業で成果が出ている、知合いの経営者が良いと言っていた、セミナーで新しい方法を学んだ、というようなことを導入する場合には、まず、皆さんのビジネスの方向性に合致する取り組みかどうかを考えて、導入の可否を判断する必要があります。そして、導入する必要があると判断した場合でも、顧客や自分たちの状況などに合わせてカスタマイズする必要もあります。

 

このような検討やカスタマイズを行う場合に、経営計画は重要な役割を果たしてくれます。

経営計画とは経営の「目標」を決め、「行き方」を明確にするものです。

経営計画によって、これから自分たちはどこに向かうのか、そのためにどの様な取り組みを行うのかというビジネスの方向性を決めておくと、「やるべきか」や「どうやるか」の判断の基準にすることが出来ます。

 

上記以外にも経営計画には様々な利点があることを、このブログの「経営計画の役割(その1)(その2)(その3)(まとめ)」で以前にお伝えしました。

 

経営の様々な場面で羅針盤となり、事業を効率的に加速させることのできる経営計画をぜひ作ってみてください。次回以降に、経営計画を作成するための5つのステップについてお伝えしていきます。

記事一覧

その他の「経営のヒント」

もっと見る