経営のヒント

経営計画の役割(その3)

経営者の皆さんは日々、課題に対応するために様々な取り組みを実施していると思います。
しかし、「変化する顧客の状況に対応するための自社の行動が、協力企業との関係を悪化させる」
「協力企業との関係を強化する取り組みが外部環境の流れに逆行している」など一つの事に着目した行動が、その他の状況を悪化させることになることがあります。
また、状況を改善しようとして、世の中で良いといわれている改善策などを実行しても、あまりうまくいかなかった経験をお持ちの方もいるかもしれません。
「経営計画の役割(その2)」で経営計画には全体を俯瞰することでそれぞれの関連を把握できるようにするという役割があると記載しました。
経営計画で全体を俯瞰して自社の向かう方向(将来像)を決めると、やるべき事とやってはいけない事を明確にすることができます。

記事一覧

その他の「経営のヒント」

もっと見る