経営のヒント

経営計画の役割(まとめ)

これまで、3回にわたって

・中長期の視点から見えるようにする

・経営全体を俯瞰してそれぞれの関連を把握する

・やるべき事とやってはいけない事を明確にする

などが経営計画の役割であると述べてきました。

経営計画のこれらの役割によって、自社の進む方向(将来像)や行き方(具体的な行動)などを明確にすることができます。

経営者の皆さんの中には、新しいことを始めたり、業務の改善に取り組んだりしているなかで迷う場面があるという方もいるのではないでしょうか?

しっかりした経営計画は、これらの迷う場面での羅針盤として機能してくれます。

経営計画は、カーナビのようなものかもしれません。

行きたい場所を入力してルートを選択すると、常に寄り添って行き方を教えてくれます。どの交差点を曲がるのか、現在地はどこかなどを常に示してくれ、間違えれば修正のルートを提示してくれます。 行ったことのない場所に間違わずに早く到達するためにカーナビが役立つように、達成したい目標に到達するために経営計画は大変重要な役割を果たしてくれます。

記事一覧

その他の「経営のヒント」

もっと見る