経営のヒント

-経営計画を作成してみよう!(ステップ2:3年後の姿を決める)―

経営計画とは経営の「目標」を決め、「行き方」を明確にするものです。

経営計画を作成することで、経営全体の中長期の視点での俯瞰や、「やるべきこと」「やるべきでないこと」の明確化ができ、日々の経営判断をぶれることなく迅速に行う羅針盤とすることが出来ます。

作成のステップは以下の5つです。

ステップ1:将来の顧客を考える

ステップ2:3年後の姿を決める

ステップ3:3年後の姿と現状のギャップを把握する

ステップ4:ギャップを埋める行動を決める

ステップ5:行動の結果の数値計画を立てる

 

今回は、「ステップ2:3年後の姿を決める」についてお伝えします。

「ステップ1:将来の顧客を考える」では将来の顧客の困りごと等(ニーズ)を捉え、そのニーズに対して自分たちが提供できる価値を検討することをお伝えしました。

 

 ステップ2では、自分たちが価値を提供するために、3年後にはどのようになっていたいかを決めます。

そのために、まず、自分たちの理想的な状態を想定します。その際には、できるかどうかはあまり考えず理想的な状態を想定します。将来的な目標ですので、自分たちが“本気で”なりたいと思える状態を想定してください。どのような価値をどのような体制で提供していたいか。顧客との関係、世間からの評価、組織の雰囲気などを考えながら、なりたい姿を想定してみてください。

そして、その理想的な状態の売上高、人員数、スキル・ノウハウ、新商品・サービス、売り方、販売促進、設備、仕入先、製造方法などを決めていきます。これらは、価値を提供するために必要な項目を選択して決めていきます。

次に、想定した理想的な状態から3年後にはどのような状態になっていたいかを決めます。理想的な姿で選択した項目について、それぞれ具体的に決めます。これらの項目ごとの姿は、達成できたかどうかを確認する必要があるため、極力、数値や割合などで表すようにします。例えば、スキル・ノウハウであれば、「入社一年以上の従業員全員が○○を一人で行うことができる」のように表します。

 

 計画を立てるためには、自分たちが理想とする姿はどんなものか、最終的に理想の姿に到達するために3年後にはどのような姿になっているかという具体的な目標が必要です。ステップ2ではその目標を明確にします。

記事一覧

その他の「経営のヒント」

もっと見る