経営のヒント

―人財育成で大切なこと(まとめ)―

ここまで4回にわたって、企業の方向性を共有し(その2)、発言しやすい雰囲気を作り(その3)、成長を認める(その4)ことで「主体的な姿勢での行動」を促す(その1)ことが、人財育成で大切であることを伝えてきました。 ここまでお伝えしてきたように、働きかけや環境の整備によって本人の意識や姿勢が変われば、人は自然と成長していきます。時間がかかるかもしれませんし理想的な状態には至らないかもしれません。しかし、重要なことは、理想的な状態を目指して継続的に取り組んでいくことです。  経営者の方から「うちの従業…続きを読む

―人財育成で大切なこと(その4)―

(その1)でお伝えしたとおり人財育成では「主体的な姿勢での行動」を促すことが大切です。そのために重要なことの二つを(その2)(その3)でお伝えしました。 重要なことの三つ目は「成長を認める」ことです。 嫌味や上辺だけの言葉でなければ、人は褒められたり認められたりすると喜びを感じるものです。 また、複数の転職関連サイトなどのアンケート結果を見ると、退職・転職理由の上位に「成長の実感などの仕事の楽しさ」に関する項目が挙がっており、多くの人が仕事での充実感を重視していることがわかります。 これらのこと…続きを読む

―人財育成で大切なこと(その3)―

(その1)でお伝えしたとおり人財育成では「主体的な姿勢での行動」を促すことが大切です。そのために重要なことの一つ目を(その2)でお伝えしました。 重要なことの二つ目は「質問や意見などがしやすい雰囲気を作る」ことです。 ほとんどの人はやり方を知っただけで出来るようにはなりません。例えば、自転車の乗り方を知っただけで自転車に乗れるようにならないのと同じように、どんなことでもほとんどの人は“やり方”を知っただけですぐに出来るようにはなりません。“やり方”を知ったうえで実践を繰り返し、失敗を重ねながらス…続きを読む

―人財育成で大切なこと(その2)―

(その1)でお伝えしたとおり人財育成では「主体的な姿勢での行動」を促すことが大切です。この行動を促すためには、一つ目として「企業の方向性を明確にして伝える」ことが重要です。 どのような戦略を立てどのような企業を目指すのかということを、ここでは方向性と表現しています。戦略の一例としては、低価格で限られた機能の製品のネット販売、顧客ニーズによってカスタマイズした付加価値の高い製品の対面販売などが挙げられます。そして、その戦略を推進してどんな企業になりたいのかということが方向性です。 企業の方向性が異…続きを読む

―人財育成で大切なこと(その1)―

人財育成では「主体的な姿勢での行動」を促すことが大切です。 人財育成というと、研修や実習などの知識やノウハウを“教える”ことに目が行きがちではないでしょうか。 もちろん“教える”ことは重要です。しかし、人が育つためには受け取る側の主体的な姿勢も同じように重要です。教わった知識やノウハウを従業員が積極的に受け取り、実践し、習熟し、応用できるようになって初めて“教える”ことの効果が発揮されます。 たとえ完璧な教育方法で“教えた”としても、受け取る本人に主体的な姿勢で行動する意欲がなければ、身につくこ…続きを読む

1 6 7 8 9 10 11 12 13 14