経営のヒント

―新商品やサービスの開発手法【デザイン思考】(その3:創造)―

デザイン思考は顧客を深く理解することで、新しい価値を生み出そうとするイノベーションの方法論です。「共感」「問題定義」「創造」「試作」「テスト」の5つのステップで構成され、対象とする顧客との対話によって理解を深め、アイデアなどを修正しながら進めていきます。5つのステップは順番に進めるだけでなく、顧客に対する理解が不十分と感じれば、前のステップや最初のステップに戻るという試行錯誤を繰り返します。    今回は「創造」のステップについてお伝えしていきます。  このステップの前半では、解決策の可能性を最…続きを読む

―新商品やサービスの開発手法【デザイン思考】(その2:問題定義)―

デザイン思考は顧客を深く理解することで、新しい価値を生み出そうとするイノベーションの方法論です。「共感」「問題定義」「創造」「試作」「テスト」の5つのステップで構成され、対象とする顧客との対話によって理解を深め、アイデアなどを修正しながら進めていきます。5つのステップは順番に進めるだけでなく、顧客に対する理解が不十分と感じれば、前のステップや最初のステップに戻るという試行錯誤を繰り返します。    今回は「問題定義」のステップについてお伝えしていきます。  問題定義とは、共感で得られた顧客や顧客…続きを読む

―新商品やサービスの開発手法【デザイン思考】(その1:共感)―

デザイン思考は顧客を深く理解することで、新しい価値を生み出そうとするイノベーションの方法論です。「共感」「問題定義」「創造」「試作」「テスト」の5つのステップで構成され、対象とする顧客との対話によって理解を深め、アイデアなどを修正しながら進めていきます。5つのステップは順番に進めるだけでなく、顧客に対する理解が不十分と感じれば、前のステップや最初のステップに戻るという試行錯誤を繰り返します。    今回は「共感」のステップについてお伝えしていきます。 イノベーションを起こすためには、顧客にとって…続きを読む

―新商品やサービスの開発手法【デザイン思考】(はじめに)―

 現在は、様々な商品やサービスが開発され、その中でヒットするものも多くあります。経営者の皆さんの中にも、既存商品・サービスの改善や革新、新しい商品やサービスの開発を検討している方もいると思います。 そんな方々に向けて、イノベーションの方法論である【デザイン思考】についてご紹介します。デザイン思考は顧客を深く理解することで、新しい価値を生み出そうとするアプローチです。詳しい説明をしようとすると2~3日間のセミナーが必要になりますので、ここでは概要のみをお伝えします。   デザイン思考は、「共感」「…続きを読む

―経営計画を作成してみよう!(まとめ:作成の留意点と進め方)―

 ここまで、経営計画作成の流れについてお伝えしてきました。しかし、経営計画は作成して終わりではありません。ここから実際に計画に従って行動していくことが最も重要です。そのため、いくつかの留意点や進め方があります。  一つ目は、「計画策定は目的ではない」と理解しておくことです。苦労して計画を策定すると、達成感が生まれ満足してしまう恐れがあります。計画を策定するのは、それを実行して経営を良くするための最初のステップです。ここからがスタートになります。  二つ目は、「目標などはワクワクを重視する」ことで…続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 14