―新事業の進め方(まとめ)―

―あたり前のわな(その1:業界)―

 あたり前という感覚が、知らず知らずのうちに革新・改善の芽や、円滑なコミュニケーションを阻んでいることがあります。この“あたり前のわな”について、場面ごとにお伝えします。    今回は、業界の“当たり前のわな”についてお伝えします。  それぞれの業界には、その業界ならではのルールや慣習が存在することが多いのではないでしょうか。例えば、仕入れや支払いの方法、販売の方法など様々なルールや慣習があるでしょう。 これらは、効率性や利便性、法的な規制など何らかの合理的な理由があってルールや慣習となったもの…続きを読む

―あたり前のわな(はじめに)―

皆さんは「そんなことあたり前や!」と思ったことはありますか。また、実際に口に出して言ったことはありますか。 思い当たることがある方は、もしかすると“あたり前のわな”にはまっているかもしれません。   当たり前という感覚は、それぞれの人が生きてきた中で培った価値観などによって形成されています。また、個人だけでなく、業界や企業、家族、趣味の仲間などの集団でも、あたり前という感覚は存在します。   例えば、従業員に作業を依頼したけれど出来上がりが思っていたのと違って「イラっとした」、LINEで休む連絡…続きを読む

―新商品やサービスの開発手法【デザイン思考】(まとめ)―

デザイン思考は顧客を深く理解することで、新しい価値を生み出そうとするイノベーションの方法論です。「共感」「問題定義」「創造」「試作」「テスト」の5つのステップで構成され、対象とする顧客との対話によって理解を深め、アイデアなどを修正しながら進めていきます。5つのステップは順番に進めるだけでなく、顧客に対する理解が不十分と感じれば、前のステップや最初のステップに戻るという試行錯誤を繰り返します。   デザイン思考の構成要素を大きく2つに分けると、現状の顧客や社会動態を理解するための「問題発見」段階と…続きを読む

―新商品やサービスの開発手法【デザイン思考】(その5:テスト)―

デザイン思考は顧客を深く理解することで、新しい価値を生み出そうとするイノベーションの方法論です。「共感」「問題定義」「創造」「試作」「テスト」の5つのステップで構成され、対象とする顧客との対話によって理解を深め、アイデアなどを修正しながら進めていきます。5つのステップは順番に進めるだけでなく、顧客に対する理解が不十分と感じれば、前のステップや最初のステップに戻るという試行錯誤を繰り返します。  今回は「テスト」のステップについてお伝えしていきます。 このステップは、「試作」したプロトタイプを実際…続きを読む

―新商品やサービスの開発手法【デザイン思考】(その4:試作)―

デザイン思考は顧客を深く理解することで、新しい価値を生み出そうとするイノベーションの方法論です。「共感」「問題定義」「創造」「試作」「テスト」の5つのステップで構成され、対象とする顧客との対話によって理解を深め、アイデアなどを修正しながら進めていきます。5つのステップは順番に進めるだけでなく、顧客に対する理解が不十分と感じれば、前のステップや最初のステップに戻るという試行錯誤を繰り返します。    今回は「試作」のステップについてお伝えしていきます。  「試作」と聞くと、実際に使う材料と工具で時…続きを読む